tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・ドラム・人生論がメインのインドア系ブログ

思い出して怒りがこみあげてくるときの対処法とは?〇秒ルールの法則!

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20180207233006j:plain

 

街中や職場でもたまに見かけますよね。

なりふり構わず怒り狂ってる人のこと。

 

難しい言葉だと、『癇癪(かんしゃく)をおこす』というそうですが、争い事嫌いで平和主義な自分にとって、なんでそんな風になる人がいるのかは理解不能です。

自分も良くパートナーに癇癪起こされて胃が痛くなります;;

 

そこで、今回は『怒り』についてちょとばかし調べて見ました。

 

なんで人は『怒る』のか?

衝撃の事実!なんと、怒りのほとんどはそもそも理由が存在しないそうなんです!

だた、感情を揺さぶられると怒っちゃう人がいるのは事実。

(怒りの怒り、貪欲の怒り、妄想の怒りとか細かくはいろいろあるらしいけど、そもそも怒るほどのことって世の中にほんとに存在するんだろうか?)

 

 

『怒る人』の特徴

感情を揺さぶられることに慣れてない人は怒りやすいですよね。

揺さぶられたときの反応としては「怒り」「悲しい」「驚き」「喜び」とかあると思います。

「怒り」かもしくは「悲しい」の二者択一になったときに、怒る人ってのは「怒り」を選択してしまうんでしょうね。

 

怒らないようにするには?

 

ちょうど先日、医者に怒りについて聞いてみたときに、『怒り』は6秒我慢するとスッと消えてしまうと教わりました。

やり方としては・・・

  1. まずは手のひらを広げる
  2. 親指から小指にかけて「ひとつ」「ふたつ」・・・って感じで指を使って数を数えていく
  3. 小指まで(「いつつ」)まで数えたら、グーになった手を「よし!」っと言ってガッツポーズする。(このガッツポーズが「むっつ」の役割をはたす)

 

さて、どうでしょう?

怒りがおさまっているでしょう?

 

まとめ

怒っている人のそばになんて近寄りたくないですね( ;∀;)

ついつい怒ってしまう方は、まずは3秒ルールならぬ『6秒ルール』を徹底して実践してみてください!

 

あなたへのオススメ記事!

tkd-drum.hatenablog.com