tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ好き三十路ドラマーによる、趣味だけで生きるためのブログ

政府の働き方改革で『副業』OK?バンドマンは既にやってました!

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20180217130431j:plain

 

『副業禁止』

ほとんどの企業の就業規則に書いてある文言ですね。(特に中小企業)


最近になって政府が働き方改革とか何とか言って『副業』を推進し始めてきる状況に変わってきました。
ヤフーやリクルートなどの大手企業はじょじょに副業ОKになってきてますね。

 

自分自身の可能性や興味ある事を会社外で稼ぎながら、正式にできるようになってきたのは自分としても高く評価してます。
とは言っても、『職業選択の自由』って日本国憲法で保証されてるので『副業禁止』ってのはそもそも憲法違反なんですけどねw

 

で、今回のタイトルにある副業。
実は最近のバンドマンすでに副業のスタイルに移行しつつあったんですよ。

 

今回は副業スタイルのバンドマンについて思ったことをつづっていきたいと思います。

 

凛として時雨のピエール中野はメッチャ副業スタイル


ロキノン系好きな人なら誰でも知っているであろう有名バンド『凛として時雨』
そのドラムを担当しているピエール中野さんは、ホント多岐にわたって活動してますね。

 

f:id:tkd_drum:20180217131549j:plain


肩書が多いこと多いことw


DJもやったりバンド掛け持ちしてみたりと、ホント音楽そのものにドップリ浸かっちゃってる印象。

 

『副業』って聞くと、本業では足りない分のお金を自分で稼ぐってイメージが大きいかと思います。
でも、メジャーバンドの中でもかなり有名な方がこうしていろいろやってるの見てると、どうみてもお金のためにやってる印象はないですね。

 

tkd-drum.hatenablog.com

バンドマンの副業は当然『音楽絡み』が良い!

バンドマンにオススメする副業って何かな?って考えたときに、

迷うことなく音楽関係って答えますね。

 

副業するときの鉄則として、基本的には本業に関係のあることをやるのがベストです。
そうすることで、本業でのスキルも生かしながら、『本業×副業』の相乗効果を生み出せるから。

 

そう考えると、バンドマンがバンド活動しながら飲食店でバイトしたりとか、音楽に関係ないことをやるのってすごく時間と労力の無駄って言えますね。

最低限、ライブハウスでバイトするとかしてお客さんにはどんな人がいるのかとか吸収するものがないとね。

 

「本業のバンド活動がなんだかいまいちなんだよね」ってときは音楽関係で副業してみては?

スポンサーリンク

 

 

そういえば知人もバンド以外で活動してたな


昔一緒にバンド組んでた知人が地元のサポートバンドしてるんですけど、バンド以外にもレコーディングエンジニアとかやってるようでありだなって思いました。
もしかしたらライブハウスでバイトとかするよりも良いかもw

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?
ただでさえリスクおってまで好きなバンドやってるんだから、日常のすべてを音楽に費やして稼ぐようにしていく副業スタイルが良いと自分は思います。


一度きりの人生なんだから、充分楽しみながら活動的にやらないとね♪


あなたへのオススメ記事!

tkd-drum.hatenablog.com