tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・音楽・かしこい生き方がメインのインドア系エンタメブログ

整理整頓のコツとは?わかりやすく解説します!【初心者もこれで安心!】

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20190606212929p:plain

「整理整頓をはじめてみたけど、いまいちコツがつかめないからコツが知りたい。」

「整理整頓後にやるべきことって何かあるのだろうか?」

「整理整頓後も部屋が散らからないようにするにはどうすれば良いか知りたい。」

 

整理整頓に興味をもってから、このようない疑問を持ちはじめる方は多いと思います。

 

どうも、ミニマリストのtkd(@tkd_drum)です。

 

自分はミニマリスト1年生で、整理整頓を1年前から経験しています。

 

今でもことあるごとに整理整頓を行っており、その魅力にハマっております。

 

今回は、整理整頓のコツと、整理整頓後に部屋が散らからないようにする良い方法を解説します!

 

スポンサーリンク

 

整理整頓を実践するときのコツ

f:id:tkd_drum:20190530203730j:plain

整理整頓した後の空間を具体的にイメージする

まずは、整理整頓した後の開放的な部屋の空間をイメージしてみましょう。

 

そして、できることならそのイメージを紙に書いてみましょう。

 

そうすることで、書いたイラストの中に書かれているモノ以外(イメージしたモノ以外)は、基本的にはいらないモノだと言いうことがわかってくるかと思います。

 

なので、イメージに残らなかったモノを優先的に捨てていけば良いことになります。

自分が管理できる数だけモノを残す

整理整頓が必要なほとんどの人は、自分が所有しているモノを全て把握できてません。

 

それゆえに、整理整頓が必要になってしまったと言えるからです。

 

自分いとって本当に必要なものだけ残そうという意識と視点こそが、整理整頓のコツとも言えます。

書類や写真をデータ化する

書類や写真は、スマホのカメラなどを使ってすべてデータ化してしまいましょう。

 

書類や写真などの紙媒体ほど、場所をとってしまうものはありません。

 

かと言って、大切な書類だったり写真をただ捨てるのは後悔しやすく良くないことです。

 

劣化の心配が無くて、バックアップやコピーも可能なデータにして保存しておくのがオススメです。

なるべく短時間で終わらせる

できる限り短時間で整理整頓を終わらせましょう。

 

はじめる時間と終了時間を自前に決めてくと良いです。片付けや整理整頓中によくあることとして、思い出の物や楽しい物に気をとられて時間が過ぎてしまい、整理整頓が中途半端になってしまうこと。

 

「次の週末の午前中に終わらせるぞ!」という風にして取組めば、作業もはかどります。

『売る』より『捨てる』ことを最優先にする

整理整頓でモノを捨てれない理由の一つに、「これは後で高く売れるから今は捨てない」という名言があります。

 

確かにそれなりに高く売れるモノは売って処分した方が良いのは当然です。

 

しかし、じゃあそれを何故今までやらなかったのか?やらなかった理由はかんたんで、ただ面倒くさかったからです。

 

どんなに高く売れる物も、売らなければお金は入ってきません。

 

それどころか、その物を保管しておくスペースや、あとで売れるだろうと常日頃から頭の中で考えていることで消費される脳の処理能力を考えると、すぐ捨ててしまった方が得策と言えます。

スポンサーリンク

 

整理整頓した後にやるべきこと

f:id:tkd_drum:20190530203800j:plain

ここからは、整理整頓した後にやっておくべきことを紹介します。

 

ミニマリストを目指しましょう!そもそも、なんで整理整頓をやることになったかを考えたときに『部屋が物であふれかえっているから』という回答が来くるのがだいたい想像できます。

 

おそらくですが、今回の整理整頓に成功したとしても、時間がたてばまた同じように整理整頓を繰り返さないといけない羽目になるかもしれません。

 

そうならないためにも、そもそも物が増えない、少ない物だけで生活が豊かになるミニマリストになることをオススメします。

ミニマリストになる方法

ミニマリストになる方法は非常にかんたんです。

 

数多くの先輩ミニマリスト方々が、自分自身のミニマルライフの考え方やノウハウを書籍としてまとめています。

 

それらを読み込んで実践するだけで、かんたんにミニマリストになることができます。

ミニマリストの例

ここからは、先輩ミニマリストの著書を代表して3冊紹介します。

 

どれもミニマリストをめざす方にとって、非常に参考になる本ですので、是非一度購読してみてください。

 

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』ミニマリストしぶさん

 

トランクひとつのモノで暮らす』エリサさん

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。』佐々木典士さん