tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・音楽・かしこい生き方がメインのインドア系エンタメブログ

【ミニマリスト】整理整頓のおすすめなやり方ベスト5選!

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20190606211745p:plain

どうも、ミニマリストのtkd(@tkd_drum)です。

 

今回は、ミニマリストが日々実践している整理整頓の方法をご紹介します!

 

この記事は

「ミニマリストって常に整理整頓しているイメージあるけど、どういう風に整理整頓しているのか気になる」

という方向けの記事となります。

 

また、

「これからミニマリストを目指したいから、まずは整理整頓からはじめたい!」

という方に対しても参考になる記事です。

スポンサーリンク

 

整理整頓の目的

実際に整理整頓をはじめる前に、まずは整理整頓の目的をハッキリとさせておきましょう。

 

整理整頓の目的は、モノへの執着心を捨てて心と体をストレスから解放させること。

 

強い執着心は人を確実に不幸にします。

 

整理整頓をする目的は、幸せに生きていくためであると心得ておきましょう。

スポンサーリンク

 

ミニマリストによる整理整頓の方法

今使ってないモノを捨てる

整理整頓に限らずですが、片付けの基本はまず捨てることです。

 

今使ってないモノは、迷わず捨てましょう。

 

「いつか使うかもしれない」

 

「まだ新しいから」

 

などは一切関係ありません。

 

使わないものを所有しているだけで、保管スペースを確保しなくてはいけない為、その分多めに家賃などのコストをかけているのと同じになります。

スポンサーリンク

 

他の物で代用できないか考える

『整理整頓』は、ただモノを捨てるだけではなく代用品を考える作業も含むと思われます。

 

例えば、バスタオルは正直不要だと思います。

 

何故なら、フェイスタオルだけでこと足りるからです。

(フェイスタオル1枚で足りなければ、2枚使っても良いです。)

 

バスタオルは洗濯して干すのも大変です。

 

フェイスタオルなら洗濯も干すのもかんたんです。

 

使い勝手も非常に良いです。

 

適当なバスタオルを持つより、質の良いフェイスタオルを揃えたほうがCOL(生活の質)は格段に上がります。

 

使う物の頻度や場所ごとに分別いらないものを処分したら、次は整理整頓をしましょう。

 

キッチン用品はキッチンに、寝具類は寝室にまとめるなど、適材適所のところに置いておくことが必要です。

 

適材適所に物がないと、いざ使おうと思ったときに無かったときに探す時間が発生してしまいます。

 

そのせいで、あなたの貴重な時間が奪われてしまうのです。

 

「キッチン用品をキッチン以外に置いている人なんているの?」と思うかもしれませんが、意外と多いです。

 

キッチン用品に限らず、歯ブラシをリビングに置きっぱなしにしたり、ドライヤーをリビングで使用したまま片付けるのを忘れてしまったり等々。

本当に大切なモノは場所を決めて保管

モノを適材適所に置くことにつながる内容ですが、本当に大切なものは決めた場所にまとめておきましょう。

 

印鑑や預金通帳や保険証券等々、生活していくうえで必要な書類関係も同様です。

 

万が一、火事や災害に巻き込まれた際でも、一カ所にまとめておけばそれを持ち出すだけで済むのでおすすめです。

 

どうしても迷うモノは一時保管する(最終的に捨てる)捨てる、整理する作業をしていって、最後まで分別できなかったモノに関しては一時保管という方法をとりましょう。

 

一時保管をして一週間や一ヶ月という期間を決めます。

 

その期間使用しなかったら捨てるというかんたんなルールを作ることで、最終判断がしやすくなるかと思います。

【まとめ】捨てる・代用する・一時保管をうまう利用すれば整理整頓は成功します!

今回は、整理整頓の基本的な考え方はモノへの執着心をなくすことだということを前提に記してきました。

 

捨てる・整理整頓することは、日常生活するうえでも基本的な生活習慣と言えます。

 

整理整頓をマスターした人は、生活・人生をより良くできると言っても過言ではありません。

 

是非、整理整頓を習得できることを願ってます。