tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・ドラム・人生論がメインのインドア系ブログ

会社の飲み会でよくあるイヤーな残念パターンに対しての意見

Hatena Feedly

スポンサーリンク

会社の飲み会

会社の飲み会

こんにちは、tkd(@tkd_drum)です。

 

新社会人が入社式して約1週間程度経ちますね。

早いとこでは、既に歓迎会と称した上司の過去の栄光(笑)を聞かされるだけの飲み会がされたとこもあるでしょうか。

今年は桜の開花も例年よりだいぶ早かったので、お花見で酒を飲む機会を完全に逃してしまってモヤモヤしている上司が、話し相手を求めて新入社員を食い物にしていることでしょうね。

 

新入社員の皆様、ホントお疲れ様です。

 

今回は、そんな新入社員の心の内を代弁するような記事です。

 

会社の飲み会、何が嫌って聞かれたら・・・

何が嫌って、まずアレですよ。

  • 上司への対応
  • 上司からの説教
  • 上司の過去の栄光(武勇伝)

 

もぅね、飲み会における上司三段活用と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

新入社員の人は、不安とわずかながらの希望を持ち合わせて会社の初めての飲み会に、いざ出陣するわけなのに、こんな上司のくだらないよくわからない話を聞かされたら、そりゃ会社のことが嫌になるわな。

 

ちなみに、こんなおかしなことする上司って99%の確率での上司ですよね。

女性上司だったら、まず起きないんじゃないかな。

 

男って、基本アホだからこうなってしまう

 

突発的にこんなことつぶやいてしまったんだけど、ホントこう思いますね。

 

男は基本的に過去の栄光にすがりすぎ。

そして悲しきことに、そもそも栄光でも何でも無いって言いうねw

 

なんでこうなってしまうのかって考えてみたら、そりゃ現在が何もないからですよね。

コレといった成果とか、本気で誇れるものとか。

だって、そういうのがあったらくだらない話は展開されるわけないもん。

 

会社にもよるけど、飲み会参加を拒否できる部署とかだったら、こんな上司がいるところの飲み会出席率は格段に低いでしょうね。

 

理想とされる飲み会像

上司に限らずだけど、自分の自慢話とか他人の批判は聞いててホントの苦痛です。

じゃあどんな飲み会にすれば気持ちよくしやすいか。

それは超簡単です。

 

上司がデレること。

 

ちょっと飛躍し過ぎましたが、要は上司が部下や他の人を誉めれば良いんですよ。

日中は仕事ですから、指摘や指導があるのは多少は仕方ないとして、飲み会のせいでこそフォローですよね。

「〇〇の企画書、あの発想はすごく良かったと思うよ。」とか。

仕事以外でも、些細なことでも良いから相手を褒めたり、相手の話を聞いたりすることが一番良いですよね。

 

まとめ

まぁここまで書いてて言うのもなんですが、正直現存している上司方々がこういった改善をすることは期待が薄いです。

でも、これを見ているあなたが上司の立場になった時には、部下だったころに苦痛を味あわされたことを思い出してください。

そしてこの悪い流れを断ち切っていただければ少しでも日本が良くなると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

あなたへのオススメ記事!

tkd-drum.hatenablog.com