tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・音楽・かしこい生き方がメインのインドア系エンタメブログ

浪費癖は治らないの?金融資産を失う前にやるべきたった1つのこと!

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20180812225849p:plain

どうも、tkd(@tkd_drum)です!

 

社会人になって何年か働いていると、少しづつではありますが給料が増えていきますよね。

 

でも、いくら収入が増えても出ていくお金が増えてしまっては全く意味がありません。

 

マイナビの調査によると、年収が上がってから浪費癖が付いてしまった人の割合は、なんと20%を超えるそうです!

参考:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/48320

 

1度付いてしまった浪費癖を治すにはどうするべきか。

 

今回は、金融資産を全て失う前に浪費癖を治すためにやるべきたった1つのことを紹介します!

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも浪費癖は治るものなのか?

結論から言うと、浪費癖はなおすことができます!

 

実は、かつて自分もそうとう浪費癖がひどかったんです(;´∀`)

 

給料日に入ったお金は、次の給料日までにはほとんど残らないくらいひどかったw

(唯一の救いは、借金まではしなかったこと。消費者金融にまで手を伸ばしたらアカン)

 

しかし現在では、全く浪費しなくなりました!

 

そもそも、なんで浪費癖が付いてしまうのか?

 

その原因を見ていきましょう!

 

浪費してしまう6つの原因

ストレス発散のため

仕事や家庭など様々な人間関係にストレスを感じることは多々あります。

 

でも、そのストレスを発散するためにお金を湯水のごとく使うのはおすすめしません。

 

たとえ一時的にストレスがなくなったかのように見えても、実はそれは幻想なんです。

 

実際は何も発散されてないし、根本的な解決になってない。

 

まずはそのことに気づくべき。

 

趣味にお金をかけすぎるため

生きていくうえで、趣味は必要不可欠だと感じてます。

 

趣味を大切にすることには大賛成です!

 

だけど、いくら楽しい趣味だからと言っていくらでもお金をかけて良いってことにはなりません。

 

もし破産してしまったら、その趣味を永遠にできなくなる可能性だってあるんですから。

 

無駄遣いが多いため(計画性が無い)

行き当たりばったりで無計画に無駄遣いが多い場合は特に注意が必要!

 

例えば、天気予報を見れば雨が降るかどうかがわかるのにそれを怠ったとします。

 

帰りにコンビニで傘を買ったら軽く500円は消費してしまう。

 

そんなことが何回も続いたら一体いくらになることやら。

 

そういう人ってのは、傘だけじゃなくて他のことでも無計画だっり詰めが甘かったりするので、他の人より余計に出費がかさみます。

 

周りを意識しすぎてるため(見栄っ張り)

周りが持ってるから自分も欲しいとか、世間のよくわからに常識(笑)に振り回されてる人って多いですよね。

 

そのよくわからない常識とか、周囲への見栄のせいで大事なお金を無制限に無駄にしていることにすぐ気づくべき。

 

見栄は百害あって一利なし!

 

ライフスタイルを変えることがなかなかできないため

一度生活水準を上げてしまうと、人はもとの生活水準に戻すことが難しいてよく聞きます。

 

世の中便利過ぎになってしまった為、多少の不便(と言っても実際大したことない)に対して、すべてお金で安易に解決を求めてしまってます。

 

自分の経済状況を把握できてないため

収入と支出のバランスを把握できてないために浪費がとまらないってことが考えられます。

 

支出が多すぎ!って気づけば、少しは浪費がおさまると思うんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

浪費癖を治す方法

浪費癖を治す、唯一絶対的な鉄則をご紹介します。

 

それは・・・

 

『金を使うな!』

 

外野「ふざけんな!そんなの無理だ!」

っていうやからがいるかもしれませんが、正直これが一番最強の方法です。

 

金を使う=重罪!

ってくらいの気持ちになるべきなんです!

 

ただし、ストレス発散とか生活に楽しみやメリハリをつける手ためには、やはり何かしら必要でしょう。

 

そういう時は、無料(タダ)or格安でできる趣味みつけましょう!

 

散歩や森林浴、youtube動画鑑賞、あるいはブログを書くでも良いです!

 

とにかく無料か格安でできる趣味が1つでもあれば退屈はしません。

 

それと、お金貯めることに目的を持つことで浪費を止めるチャンスが生まれます!

 

よく言われてるのが、貯蓄は目安として生活費数ヶ月分あると良いってこと。

 

これは万が一病気になったら会社を辞めた際に、傷病手当や失業手当がもらえるまでの間を食つなぐために資金を持っていようということです。

 

ちなみに、自分がおすすめする貯蓄額は1年分の生活費相当です。

 

これだけあればまずは安心だろという感じでしょうか。

 

正直、浪費癖がなおればすぐ達成できますよ。

 

また、一時期流行ったミニマリスト(自分の中では現在進行形で流行ってます!)になると浪費しなくなります!

(物を持たなくなるのと、物を持つのを嫌になるので、買い物とかしなくなるんですよw)

 

さらに余分なものがそぎ落とされる感じがして、時間も増えるため生活にゆとりができます!

 

ストレスだって最小限になりますからね!

 

浪費癖が引き起こす最悪の事態を考えてみた

浪費しすぎて一番ヤバいのは、金融資産を全て失ってしまうこと。

万が一、そうなってしまうと・・・

1、餓死する

2、自己破産

3、生活保護

4、破局や離婚

5、友人関係の崩壊

 

まぁ、餓死とかで死ぬことに比べたら自己破産や生活保護なんかはどうってことないかもだけど、世間や周りを気にしすぎる我々日本人には結構ハードル高いよね。

 

自分は生活保護制度は、日本国民の特権!みたいな感じで好きなんだけど(いざとなったら申請したる!って感じw)まぁ使わない人の方が多いよね!

 

スポンサーリンク

 

【総評】浪費癖あるなら早めになおせ!浪費なんてしなくても人生楽しめるから!

いかがでしたか?

 

浪費で得た快楽やストレス発散なんて、一瞬で終わってしまいます。

 

なにか打ち込めるもの(趣味や仕事など)を見つけて、長期間にわたって楽しさを味わった方が、どう考えても合理的ですよね。

 

浪費をやめてお金を使わない人生を送ることができれば、貯金もできて生活にゆとりができるからまさに一石二鳥!

 

これからの時代は脱浪費!そして無消費がトレンドになっていくと自分は確信してます!

 

お金をかけずに人生楽しもうぜw

 

あなたへおすすめの記事!

www.tkd-wanderer.com