tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・音楽・かしこい生き方がメインのインドア系エンタメブログ

【2019年】電子ドラムおすすめ3選!自宅練習に最適な物を紹介!

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20190324143443p:plain

こんにちは、電子ドラムでの練習経験のあるドラム歴10年以上のtkd(@tkd_drum)です。

 

「ドラムはじめてみたけど、家で練習パットのみの練習は退屈」

「ドラムセットで練習したいけど、スタジオまで行くのが面倒」

「スタジオは毎回お金がかかるのイヤだ」。。。

 

「よし!電子ドラムを購入して自宅で練習や!」

 

っという感じでドラム初心者からドラム上級者の方まで、常日頃から心に秘めておられるかと思います。

 

今回はそういった方々のために、おすすめ電子ドラム(最新版)を3つ紹介します!

 

また、電子ドラムの紹介以外にも

  • 電子ドラムで練習するときの注意点
  • 電子ドラムと一緒に揃えると良いもの

こういったことも、合わせてご紹介していきたいと思います!

 

以前に電子ドラムを所有していたので、その時の経験と知識も交えながら良い点悪い点も一緒に紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

 

サウンドハウス

2019年 おすすめ電子ドラム ベスト3

PDS-750 / PLAYTECH ( プレイテック )

コストパフォーマンスが圧倒的な電子ドラム。

 

プレイテックとは、サウンドハウスのプライベートブランドです。

 

パットはすべてメッシュパットを採用しており、簡素なものではありますがフットペダルも標準装備してます。(早めに自分にあったペダルを手に入れましょう。)

 

シンバルチョークにも対応したクラッシュシンバルのパットと、シンバルカップ演奏にも対応したライドシンバルのパットもあります。

 

クラッシュ2枚とライド1枚が標準で備え付けとなってます。

 

唯一デメリットとしては、ハイハットスタンドが無くハイハットシンバルが独立していないこと。

 

付属のハイハット開閉用のペダルだと、実際の生ドラムと開閉のニュアンスが異なるためあまり良くはないのですが、この圧倒的なコストパフォーマンスの前では唯一目をつぶってあげても良いでしょう。

 


PLAYTECH / 電子ドラム PDS-750

TD-17KVX-S / ROLAND ( ローランド )

 

電子ドラムと言ったら、ローランドのブランドの右に出るものはいないでしょう。

 

そのローランドの電子ドラムの中でも、エントリーモデルとしてあげれるのがこのTD-17KVX-S

 

パットの打面はすべてメッシュ素材となってます。

 

先程のプレイテックPDS-750と異なるのは、ハイハットスタンドによってハイハットシンバルが独立していること。

 

独立していることによって、ハイハット開閉の繊細なニュアンスを電子ドラムでも感じやすくなってます。

 


V-Drums TD-17 Artist Impression -むらたたむ-

TD-25KV-S / ROLAND ( ローランド )

先程のローランドTD-17シリーズのひとつ上のモデルであるTD-25シリーズ。

 

ローランドの電子ドラムの中でもほぼ上位モデルと言っても良いでしょう。

 

TD-17シリーズとの大きな違いとしては、セットを組み立てるときのラックが少し大きくなっているのと、タムセッティングの調整の幅が聞きやすくなっていること。

 

そして、モジュールの内容がTD-17より豪華になっています。

 

ドラム初心者のうちは必要ないかもと思われがちですが、上達するにしたがって欲しい機能が増えてくるもの。

 

理想としては、ドラムをはじめた段階で上位モデルを手に入れとくと、後々で買い直し等の二度手間にならずに済みます。

 


☆突撃レポ ☆Roland(ローランド) / TD-25KV-S , TD-25K-S V-Drums(電子ドラム)

 

自宅で電子ドラムを使って練習するときの注意点

ここからは、自宅で電子ドラムを使って練習するときに注意すべき衝撃音・振動関係の対策について解説していきます。

 

せっかく電子ドラムを手に入れても、騒音問題で練習不可になってしまっては非常にもったいないですからね。

 

しっかりと対策していきましょう!

 

スティックがパットに当たったときの衝撃音対策

スティックがパットにあたったときの衝撃音は、以外にも大きかったりします。

 

当然、生ドラムと比べたら微々たるものではありますが、日常生活の中で考えるとものを落とした時と同じくらいの音になんじゃないでしょうか。(私の体感値ではありますが)

 

対策としては、打面がメッシュ素材のパットを使うこと。

 

メッシュ素材のパットなら、安価なラバー製の物よりも消音性が優れています。

 

上記で紹介した電子ドラムは、スネアとタムのパットがすべてメッシュ素材の物を採用しているので安心と言えるでしょう。

 

また、ハンドタオルなどをパットの上に置いて叩くと、より消音性が増します

 

フットペダルのビーターがパットに当たったときの衝撃音対策

スネアやタムのパットと同様に、バスドラムのパットも消音対策は必須です。

 

今回紹介した電子ドラムのバスドラムはすべてラバー素材の為、ちょっと消音性に欠けるのがネックです。(その分、価格はおさえてはありますが。)

 

メッシュ素材のパットを新たに購入して既存のパットと付け替えれば、消音性は上がることでしょう。

 

また、ハンドタオルなどをパットにかけて打面を覆うことで、より消音性が増します

 

それでもまだ音をおさえたいという場合は、TAMAから出ている練習用スポンジビーターを使うと、より消音性が増すでしょう。

練習全般における振動対策

衝撃音の対策の次は、振動対策です。

 

ここまでくれば、近隣からのクレーム対策というよりは、自宅に一緒に住んでいる同居人への配慮だと考えて良いでしょう。(ただし、アパートなどの集合住宅を除く。)

 

具体的な対策としては、

ドラムマットとジョイントマットの二つを使うことで大幅に振動が改善されます。

 

ローランドから出ている純正ドラムマットの下に、ホームセンターなどで売っている防音対策用のジョイントマットを敷き詰めておくことで、振動が気にならない程度に落ち着くでしょう。

 

練習するときにあると便利なグッズ

 せっかく電子ドラムを手に入れるので、練習効率が最大限に良くなるグッズも紹介しておきます。

 

絶対必要とまでは言えないモノですが、あると日々のドラム練習が楽しくなることは間違いないでしょう。

 

ツインペダル

ワンバスを疑似的にツーバスにできる優れものであるのがツインペダルです。

 

今ではほとんどの若手ロックミュージシャンが愛用しています。

 

演奏スタイルの幅が広がり、好きなアーティストの曲もコピーしやすくなることでしょう。

 

パソコンとディスプレイ

youtubeやニコニコ動画などで演奏してみた、叩いてみた動画を見ながらの練習や、楽譜を見ながらの演奏に最適です。

 

パソコンまではちょっと買えないと言う場合は、タブレットで代用するのも良いか見しれませんね。

 

 

ヘッドホンと電子ドラム用アンプ

 最低限ヘッドホンが無いと、自分で叩いたときの音が聞こえないので揃えておきましょう。

 

電子ドラム用アンプは、スピーカーみたいなものです。

 

夜間に大音量で音を出さない限りは苦情等は来ないと思いますので、興味があれば揃えておくよ良いでしょう。

 

【まとめ】自宅で手軽に練習するなら電子ドラムは必須アイテム!

いかがでしたか?

 

自分の個人的な意見としては、やはりドラムはスタジオまで足を運んで生ドラムを叩くのが一番良いとは思います。

 

でも、ドラマー全員が容易にそうできるとは限らないのも事実。

 

田舎在住でスタジオまで何時間もかかるくらいのところに住んでいるならなおさらです。

 

むしろ、田舎住みなら自宅で電子ドラムで練習してしまった方が効率が良いと言えます。

 

是非、電子ドラムとその周辺機器を揃えて、地道にドラム練習に励んでください!

 

それでは!

サウンドハウス

人気記事

【初心者必見!】おすすめ電子ドラム5選!自宅練習に最適な物を紹介!

【初心者ドラマー】おすすめツインペダル5選!踏みやすさ重視!

【ドラマー必見!】叩きやすい厳選おすすめドラムスティック3選!