tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・ドラム・人生論がメインのインドア系ブログ

『手ぶらで生きる。』ミニマリスト第一人者しぶさんの本を読んだ感想!

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20180705224416p:plain

 

どうも、tkd(@tkd_drum)です。

 

『ミニマリスト』と聞くと、全くものを持たない(もしくは物を持てない)ちょっと残念な人ってイメージが世間的にはあるかと思います。

 

自分は以前まで、良い物を多く所有してれば幸せ!って考えがあったので、そういった考えとは無縁だなとばかり思ってました。

 

でも最近、心のわだかまりと言うか、物を所有することで頭の中でそのことが気がかりになってしまい、集中力がかけてしまうことが多々ありました。

 

そんなときにミニマリストしぶさん著書『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』に出会いました。

 

 

もぅ読んだ瞬間、衝撃でしたね。

「ぶっ飛んでるなこの人w」

 

このぶっ飛んだような内容が50個も書かれてたので、もぅ読みながら本が付箋だらけになってしまいましたよw

 

今回はミニマリストしぶさん著書『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』を読んでみて、参考にしたいと思ったポイントと、これはちょっとどうなのかなって思ったポイントを紹介していきます!

 

※ネタバレを含みますので、「まだ読んでないんだよ‼」って方は一番下までスクロールお願いします!

スポンサーリンク

 

『手ぶらで生きる。』を読んで参考になったポイント!

f:id:tkd_drum:20180610185514j:plain

テレビを持たない

これは正直うすうす気づいてました!

 

著者のしぶさんも言ってますが、テレビ見ないだけで自分主体の時間が増えるんですよね。

 

まぁ、見たいテレビ番組は少なからずあるんですけど(例えば『東大王』とか)その為に決まった時間にテレビの前で待機しないといけないのがちょっと嫌です。

 

テレビと言う名の物に支配されているような感じがして嫌だ。

 

あと、ちょくちょく入るCMを見たくない。

 

あれって何度も同じ商品を見せることで、その商品を買わせようっていう企業の策略があるんですよ。

 

見ても欲しいとは思わないけど、欲しくもないのに感覚的に「欲しい!」って自分がなてしまったら非常に悲しい;;

 

ミニマム・ライフコストという考え方

今現在、あなたの月々の生活費はいくら掛かってるかご存知ですか?

 

ちなみにtkd家(夫婦2人)は約16万円程。。。

 

マイナビウーマン調べだと、夫婦2人の月々の生活費平均額は24.86万円だそうなので

我が家はマシな方か?w

 

そして著者のしぶさんはと言うと、月々7万円で生活しているそうです!

 

いくら1人暮らしとはいえ、どうやってやりくりしてんだよw

 

自分的に無駄と呼ばれるものを排除した結果なんでしょうね。

 

その点は素直に見習おうと思います(;´∀`)

 

通信費はできるだけ安くする

無駄なものを見直して省いていくなら、固定費を下げるのが一番の近道!

 

昔はケータイと言えば大手3台キャリアとの契約しかできませんでしたが、今は格安SIMを使えば、月々の支払いが大手キャリアの半額以下になります!

 

自分は以前からU-mobileというドコモ系列の格安SIMを使ってて、現在の金額は3GBで月額1580円!

 

「3GBじゃ足りない!もっと大量に容量が必要!」って方は、素直に最強モバイルWi-Fi!BroadWiMAXを申し込みましょう。

 

容量無制限で月額4000円以下で使えます。

 

 

ちなみに、田舎だとキャリアの電波の方が比較的有利なので「絶対に通信速度落としたくない!」って方は、格安SIMは諦めて高い金払ってキャリアの高額SIM使い続けてください。

 

『限定品』より『定番品』

ファッションの限定品って何が良いんでしょうね。

 

確かに人と被るのは嫌だ!個性を出したい!ってことで限定品を手に取る方はいると思いますが、それこそ物に支配されてますよね。

 

限定品を身にまとわないと個性が出せないのかって思います。

 

個性や独自性ってのは外見じゃなくて内面で表現するもの!

 

それよりは、自分にとっての定番品を決めて同じものを選択する方が効率良いし、悩まないからストレスともおさらばできます。

 

ちなみにファッション以外だと『【ドラマー必見!】叩きやすい厳選おすすめドラムスティック3選!』で書いている通り、自分はドラムを叩くときに使うスティックは定番品を使ってます。

 

出口戦略を考える

物ってのは、それを買う瞬間からすでに処分するまでのことまで考えられてこそ最善の選択だと感じてます。

 

著者のしぶさんは毎年iPhoneを新品にして、古いのを処分しているそうです。

 

常に新型に乗り換えて高機能なものを使った方が効率が良いのと、iPhoneは型落ちでも高額で売却できるというメリットがあるからできるそうです。

 

自分の場合は気になった本を読んではメルカリで売却して処分してます。

 

以前『【最新版】堀江貴文・ホリエモンが書いたおすすめ書籍ベスト3選!』で紹介した本たちも、今は遠くに旅立ちました。

 

今回読んだ『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』も近いうちにメルカリで処分されることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

消費者はやめて生産者になる

お金が入ったからって(あるいは入ってなくても)休日にショッピングモールにばかり行って消費行動しても、その時しか楽しくないんですよね。

 

著者も本の中で紹介してましたが、2ちゃんねる創始者 西村博之さんも言ってる通り、消費行動では一生幸せになれないって事に共感です。

 

消費のによる快楽は中毒性もあるし、何より金がいくらあっても足りないよ。

 

消費行動よりも、生産行動で満足度とか快楽を得たほうがより健全です!

 

自分の場合は、こうしてブログ構築を生産活動の一部としてたり、『トマト栽培はじめました!田舎で暮らすメリットを最大限に生かす!』の記事で書いてある通り、家庭菜園にハマったりして生産者のポジションに居座ってます。

 

食べ物育てるって案外楽しいよ♪

 

健康一番!

本の中では、インフルエンザで2週間寝込んで時間を無駄にしてしまったと筆者は話してました。

 

自分はそういった病気じゃないんですけど、メンタルやられたせいで数ヶ月ほど会社を休んだことがあったので、やはり健康は他の何にも代えがたいものですよ。

 

元気があれば何でもできる!ダッー!

 

物は時なり!

この本を読んで一番の衝撃を受けた言葉ですね。

 

一般的には『時は金なり』ですよね。

 

そしてほとんどの物ってお金で買いますよね(物=お金)

 

つまり『物は時なり』と言っても過言じゃない!ってことです!

 

欲しい物があったとして、その物を買うのにどれだけ労働(時間)をしなくてはいけないのか。

 

そこを考えると、たいして欲しくも無い物を買うことが自分の人生の時間を奪う事になるってことに気づけるかと思います。

 

満足の水準を下げる!

「贅沢にはすぐ慣れるけど、貧乏にはすぐ慣れない」って言葉があるそうです。

 

一時的にでもお金が入ったからと言って生活水準を上げてしまうと、収入が減ったときに生活水準をもとの状態に下げるのは難しいってことです。

 

先述した2ちゃんねる創始者 西村博之さんがこんなことを言ってました。

「舌を肥やすな!飯がマズくなる!」

 

超絶うまいものばかり食べていると、普通に美味しい物が美味しくなくなってしまうんだそうです。

 

一般的に見て低い水準で満足できる感覚とか感性を養った方が世の中では得します。

 

『物』よりも『経験』

物を得るよりも、経験を得る方が満足度が高いって研究結果があるそうです。

 

例えば車とかだと、同じ車種でもグレードによってないそうとかオプションが違いますよね。

 

たとえ最高グレードを買ってその時は満足したとしても、他のそれより高価な車種を見たら興ざめしちゃう感じでしょうか。

 

また、大切な想い出の品とかって所有しているだけでリスクがあるんですよ。

 

何かの拍子でなくしてしまったり、盗まれたり、火事で燃えてしまったりとか。

 

でも、経験とか知識とか想い出ってのはその人の中にあるものだから、決して盗まれもしないし無くなることもありません。

 

マジで最強です!

 

 

『手ぶらで生きる。』を読んで賛同できなかったポイント!

床にそのまま寝る

著者のしぶさんは床に直接寝ているそうですけど。。。

 

うん、これは自分には無理だw

 

やはり毎日布団でゆっくり寝たいもんw

 

1日1食

実は以前、1日1食を実践してたんですけど、さすがに耐えきれなくなってやめてしまったんですよねぇ。

 

あと、1日1食だと家族との貴重な食事の時間が無くなってしまうのがキツイのでこれはできそうにありませんでした。

 

60万以上貯金しない

著者は60万円貯金があれば、1年間の生活費となるので、何かあってもなんとかなるそうです。

 

きっと自分家は厳しいですねw

 

著者も本の中で言ってましたが、この金額というのはそれぞれの状況とかあるから、一概に60万円あれば安心だよってわけではないとのこと。

 

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね!

 

スポンサーリンク

 

嫌いを明確にする

これは自分にはちょっと難しいと思いました。

 

好きな物とか事はそれなりにはあるんですけど、嫌いな物とか事って基本的に無いんですよね。(まぁ、しいて言うなら理不尽な奴は大嫌いですけど)

 

オールオアナッシング、0か100かで物事を決める事が自分はできないので、微妙なのは程度の濁す形で今後も世の中を渡って行きたいです。

 

人間関係は損得で決める

まぁ、最終的にはその人とウマが合うか合わないかだと思います。

 

人間関係って難しいですからね。

 

可能な限り嫌いな奴と関わらなければ、ある意味人間関係は損得関係なしで良いんじゃないかな。

 

【総評】『手ぶらで生きる。』は一度は読んでおくべき!

 いかがでしょうか?

 

世の中物を多く持っている人(価値があるかは別として)は結構いますが、物をほとんど持たない人って限られていると思います。

 

物が無い分、雑念とか入りづらい人生が送れそうなので、ミニマリストの考え方は忙しくて複雑な現代を生きる自分たちに必要な知識や思考なんだと感じました。

 

自分はドラマーとミニマリストをかけて、ミニマリストドラマーを目指していきたいですね!

 

それでは!

 

 

あなたにおすすめの記事!

www.tkd-wanderer.com