tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・音楽・かしこい生き方がメインのインドア系エンタメブログ

就職できないと何が悪い?就活後病んでしまわないための考え方3選!

Hatena Feedly

スポンサーリンク

こんにちは、tkd(@tkd_drum)です。

3月ももうじき終わり、4月からは新入社員が会社に通い始めるですね。

ようこそ、社畜道へw

 

ここ最近は就職内定率がだいぶ改善されてきたようですが、それでも就職活動に失敗して心身共に疲弊、最悪は自殺にまで至ってしまう人が後を絶ちません。

 

自分も就職氷河期時代に就活を経験して全然内定が取れなくて鬱々してた時期があるので、その気持ちが痛いほどわかります。

 

でも、今の自分から言わせてもらえば、「別に就活上手くいかなかったからって大したことないじゃん」って、当時の自分に言ってやりたいですね。

 

今回は、なんで就活生が病んでしまうのか、どう改善して克服すればいいのかについて解説します!

 

就活生が病んでしまう原因

社会保障などの知識がない

まず第一に言いたいこと。

別に就職しなくても死なない事実。

 

そもそも日本は社会保障が充実してるんだから、いままでまっとうに生きてきた人なら基本的に食うに困らないようになってますよ。

 

就活というチャレンジをした人間を、たかだか一度失敗したからってゲームオーバーさせることは無いし、そんなことがあってはならない。

 

ネットでは生活保護とか生ポは悪としか言われてないような感じですが、そんなの気にしていられない。

ヤバくなったら社会保障制度をふんだんに使いましょう。

 

未体験のことがコワイ

誰しも経験したことないことは基本的に怖いと感じるもの。

初めての就活、初めての会社面接、初めての都会。。。

あげ始めたらきりがない。

 

未経験なのはだれしも同じ。

そこで未経験なことを『怖い』と感じるか、『面白そう』と感じるか。

おそらくここが運命の分かれ道なんじゃないでしょうか。

 

例えば、ずっと経験した事のみの繰り返しのない人生なんて楽しいのだろうか?

更に言えば、初体験のときって誰しもが未経験だったけど、内心ワクワクしてたでしょ?w

 

世間と同じじゃないと不安

これも人間、特に日本人が持つ残念な心理。

世間体とでもいいましょうか?

周りと同じじゃないとなぜか不安になる説。

 

幼稚園や小学校に入ってからそう教えられてきたから無理もないかもしれないけど、

20歳超えたらそろそろ自立しましょう。

 

逆に、世間と同じ、周りと同じだと今後は生きていけないっす。

だって他で代用がきいてしまうんだもん。

むしろ、世間と同じことに不安を持つべき。

スポンサーリンク

 

就活後病んでしまわないための考え方まとめ

いかがでしたか?

就活で病んでしまうのは、『知識』『経験』『世間体』によって自分自身が縛られているため。

 

まずは、知識を付けるためにネット駆使しましょう。現にこうやってこのページにたどりついてるわけですから、知識を付けることなんて造作もないですよ。

 

あと経験!なにかやるときは楽しみましょう!怖がってった損損!

 

世間体?そんなのクソくらえ!自分は自分です!堂々と生きてたほうが長生きできるよ!

 

病みかけたorすでに病んでしまってる就活生に幸がありますように!

 

あなたへのオススメ記事!

tkd-drum.hatenablog.com