tkd放浪記

tkd放浪記

アニメ・音楽・かしこい生き方がメインのインドア系エンタメブログ

【保存版】新海誠作品おすすめアニメランキングトップ5【君の名は】

Hatena Feedly

スポンサーリンク

f:id:tkd_drum:20181208204009p:plain

 

どうも、アニヲタのtkd(@tkd_drum)です!

 

 

新海誠と言えば、言わずと知れた日本を代表するアニメ映画監督ですよね。

 

 

2016年に上映された『君の名は。』で一気に知名度を上げたこともあり、その名を知らない人は日本にはいないんじゃないかと言うほど有名ですよね。

(ちなみに、ボクは『君の名は。』を5回劇場で見ましたw)

 

 

いずれ新海作品を一気見してみようと思ってdアニメストアで『君の名は。』以外を見てみました!

 

 

率直な感想として一言で表すと、

「うん、どれも素晴らしいアニメすぎるぞ!」

って感じですね!

 

 

そこで今回は、新海誠作品おすすめアニメランキングベスト5を紹介します!

※tkd個人の独断と偏見で決めたランキングの為、異論はおおいに認めます!

なお、異論に関してはコメント欄からお寄せください。

 

スポンサーリンク

 

【第5位】雲の向こう、約束の場所(2004年)

 

新海作品特有の設定が深すぎて話についていけない作品、(でも面白かったよ!)

 

 

日本が南北に分断せれて戦争直前で北海道に高ーい塔が建っててそれがキーポイントになるっていう、ちょっと視聴者置いてけぼりの感じはある意味おもしろかったですw

 

 

もう15年近く前の作品ってこともあり、キャラデザは時代を感じますね。(ボクは結構好きなキャラデザでしたけど!)

 

 

しかし、ほんとに2004年の作品か?ってくらい背景描写はキレイでした!

 

【第4位】星を追う子ども(2011年)

 

コチラも『雲の向こう、約束の場所』同様に設定が深すぎる作品でした!

 

 

どことなくジブリ感があって、ファミリー向けか?って思えなくもなかったです。

 

 

とりあえず言えること。人を生き返らせる系のストーリーは、最終的にろくな目にあわないってことですね!

 

【第3位】秒速5センチメートル(2007年)

 

新海作品史上、もっとも胸クソ悪いエンディングをぶちかました作品です!

 

 

本編は3部構成になっており、1部は主人公貴樹(たかき)の小~中学校時代のエピソード。2部は高校時代。3部は社会人編って感じで構成されてます。

 

 

小学校からなかよしのヒロイン明里(あかり)と結ばれると思ってたら、まさかの他の男とくっつくという最悪のバッドエンドにはもぅ精神力持ってかれました。

 

 

でも少しばかり癖になるような胸糞の悪さに、どこかリアルさってのを感じましたね。

 

【第2位】言の葉の庭(2013年)

 

雨の描写が最高峰だと思った。

 

 

PV見てもらえればわかるけど、水たまりに打ち込まれる雨粒が繊細でリアル。でも、実写ってわけじゃなくて実写より更にクリアな感じ。

 

 

公園の石畳みに撃ち込まれる雨の跳ね返りとかもまさに美!

 

 

金麦ビールが無性に飲みたくなる!(視聴後に速攻でスーパーまで走って買いに行ったwww)

 

 

ユキノちゃんの声優が花澤香菜なのも良いよね!

ざーさんいいよざーさん!

 

 

ストーリーとしては現代で普通にあり得るお話。

高校教師が生徒にいじめられて(しかも逆恨みで)メンタル病んじゃって仕事やめちゃうというね。

 

 

僕の中でかなり最高なアニメの部類ですよ。

 

 

上映時間46分とちょっと短め。

 

 

でも、ショートアニメならぬショート映画ってことで見れば普通にありですね!

 

【第1位】君の名は。(2016年)

 

ランキング第1位はやはりこの作品!

 

『君の名は。』(通称:君縄)

 

主人公で都会っ子の瀧くんと田舎娘でヒロイン三葉が入れ替わってしまうところから物語がスタートし、最後は彗星が糸守町に衝突する前に住民たちを非難させて、危機回避した二人が都会で再開してハッピーエンドを迎えるという、見ててスッキリすがすがしい作品!

 

 

新海誠監督の作品は、比較的内容を理解するのがちょっと大変なんですよね。

 

 

でも『君の名は。』は初見でもストーリーやキャラの状況が把握しやすいし、楽曲が適度に入って来るので見てて飽きさせない!

 

 

そして上映時間も107分なので、ダラダラ長すぎず短すぎずのベストな長さです!

 

 

ちなみに現金的な話でいくと、日本国内での興行収入は250.3億円。(規格外w)

 

あのスタジオジブリ宮崎駿の『千と千尋の神隠し(308億円)』に次いで日本映画歴代2位となりました!

※ちなみに、3位は『ハウルの動く城(196億円)』、4位は『もののけ姫(193億円)』となり、いままでジブリ作品が独占してたランキングに対してくさびを打ち込んでくれた唯一の作品と言えます!

 

 

また、日本国内で公開された映画としては歴代4位にランクイン。

 

 

しかし!世界興行収入では2億8100ドルを記録し、『千と千尋の神隠し』(世界興行収入2億7500ドル)を抜き去り、日本映画として堂々の1位に君臨しています!

 

【総評】新海作品全ての見所は、男女の青春と風景の構図で決まり!

いかがでしたか?

 

 

新海誠監督の作品に欠かせないのは、やはり男女の恋愛ですかね!

 

 

しかも青春まっさかりの男女!

 

 

甘酸っぱい感じとか、どこか救われない感じとかも、見てて引き込まれますね!

 

 

風景の構図に関しては、アニメ作品本編を見てもらえれば納得していただけると思います。

 

 

作品すべてにおいて超キレイ!そして繊細!

 

 

まさしく、日本を代表するアニメ監督と言って間違いないと思います!

 

あなたへおすすめの記事!

www.tkd-wanderer.com

 

www.tkd-wanderer.com

 

www.tkd-wanderer.com

 

www.tkd-wanderer.com

 

www.tkd-wanderer.com